×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




漁師料理「かなや」
千葉県鋸南町
ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[房総の旅INDEXページ
     




刺身を食べに浜金谷へ

正月、実家にごろごろばかりしていられないので、11時に、おふくろを連れて「かなや」へ。ちょっとだけの親孝行かも。妻子は息子が近々受験のために幕張で留守番。申し訳ない。

いつも金谷方面に行くと、必ずと言っていいほど、保田の「ばんや」なのだが、正月だから、おそらく物凄く混んでいるだろうし、yoshiさんが推薦する「かなや」にした。久々だ。

店には12時少し過ぎに到着。
入口で約10分並ぶ。


刺身のクオリティはかなり高い。
肉厚で、身がぷりっぷりしている。

「かなや」で食事を終えた後、フェリー乗り場へと移動。ちょっと時間があったので、写真を撮ったり、

Nackyさんがコメントに残してくれた通り、浜金谷はいかにも観光地っぽくていいね。わくわくしてしまう。なんの変哲もない、殺風景な場所も好きだけど、いかにも観光地というところも実は好きなのだ。ただし、それほどあか抜けていないほうがいい。(笑)

昨年の正月は鋸山(のこぎりやま)に登った。なんだかんだと毎年、正月はこの界隈に来ている。

昨年の鋸山&ばんやのリポート =http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki16/nokogiriyama.htm

2011.1.2 Zaki
(ネタ元:しばざ記 967


左: オフクロが注文した海鮮丼(うにといくら)。
少しわけてもらったところ、これもうまかった。
右: 「ばんや」よりはすいているとはいっても、ご覧のとおり、満員。
この数時間後にお土産を買うために再び店に立ち寄ったら、夕方近くなっているというのに、行列ができていた。

左: 「かなや」の店のすぐ下は、このような岩場になっていて、夏には磯遊びもできる。
対岸(三浦半島)の左端に、ちょこっと富士山が見える。
右: 久里浜行きのフェリーが出航する。久々に近くで見たけれど、でかい船だよね。

左: 船は出てゆく、煙は残る・・・・。
釣り人がのんびりと糸を垂れる。
釣れているのだろうかねえ。
右: フェリー乗り場の近くにある新しくオープンした土産センター。
お洒落なレストランやウッドデッキもあって、感じいい。大道芸もやっていた。
土産センターというと古臭いな。正式名称は「The Fish」である。

za/fisshu
(↑)ザ・フィッシュの公式ホームページ。
ロゴもかっこいい。  

▲このページの先頭へ



ベイタウン旅行倶楽部 トップページ
 Oretachi's Homepage Makuhari