×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




バテバテの93km
自転車で手賀沼へ行った
ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[房総の旅INDEXページ




右:まっきー 左:yoshiさん
(先週の写真です。)
ベイタウンから、花見川サイクリングロード、新川サイクリングロードを経て手賀沼まで自転車で行った。自転車でグルメの旅、第4弾。
実は行ったと威張るほどのことはなく、ルートに関してはお任せで、どちらかといえば、yoshiさんとまっきーに連れていってもらったというほうが正解。
まずはいつものように花見川サイクリングロードを北上、そして八千代から新川サイクリングロードと乗り継ぐ。途中、未だに工事が完了していない地点があり、迂回が面倒。新川から手賀沼方向への分岐点は川五郎のある神尾橋。
左折し、橋を渡り、千葉ニュータウンを突き抜ける。そして、利根川の手前、右手に成田線の鉄橋が見える手賀川の橋を渡ってする左折、そのまま川沿いに真っ直ぐ走ると手賀沼になる。

手賀沼の周辺のサイクリングロードはとてもいい具合に整備されていて、非常に気持ちよかった。印旛沼の田舎っぽい雰囲気も良いが、手賀沼は水面に映る我孫子の町並みがお洒落な感じで、都会的ないい雰囲気だ。つい最近まで、いや、十年くらい前までだったか、日本一汚い湖沼と言われていたのが嘘のような感じ。見た目も水は綺麗だった。

昼食は、我孫子の西周という店で柳川鍋。うまかった。

しかししかし、すげえ疲れた。
昨日思い切り飲んでるし、やや寝不足だから、そのせいか。
疲れた体に鞭打って、コアでのミーティング(確か街づくり協議会)に出た。
とにかく、今はだらりーんとしているのであった。

2010.12.12 Zaki
(ネタ元:しばざ記 955

▲このページの先頭へ




手賀川沿いを走る。右前方に白い鳥が・・・。ひょっとすると、白鳥か。どうもそうらしい。

おお、やっぱり白鳥だ。
先週、白鳥を見に行ったけれど、今回はまったく予期していなかったのでラッキー。

手賀沼に続くサイクリングロードはほぼ直線でとても気持ちが良い。

前方に見える人影は、yoshiさんと、まっきー。彼らもまた白鳥を撮影している。

手賀沼の水門。
ここから左側が手賀沼になる。

上の水門のすぐ近く。
手賀沼は細長い形をしているので、対岸はすぐ近くに見える。

水面に突き出た棒にたくさんの鳥がとまっている。

手賀沼のサイクリングロードは広いし、ギャップも無くとても気持ちがいい。歩行者とも分離されている。

タイヤとチューブを替えて初めてのツーリング。この黒いデイパックも初めて登場。

手賀沼大橋。
シルエットが美しい橋だ。
向こう側は我孫子の街。

右側にずっと行くと、我孫子を経て国道6号線に合流し、利根川、そして取手に出る。

鰻屋「西周」(さいしゅう)。
手賀沼公園のすぐ近く。
yoshiさんが食べログで見つけてくれた。

西周(うなぎ)
TEL: 04-7182-1421
住所: 千葉県我孫子市白山1-3-16
営業時間:11:00〜20:00
定休日:火曜日(祭日のときは翌日が定休日)

鰻と迷いに迷った末に柳川鍋に決定した。たしか、1570円だったと思う。アツアツで旨かった。

柳川鍋なんて、滅多に食べる機会が無かったので、超感激。
でも、鰻も未練があるのは確か。

手賀沼大橋のたもとにある道の駅で買ったみかん。産地は三ケ日。
外のベンチで日向ぼっこしながら食べた。

これが想像以上に美味しく、疲れた体に染み渡った。

▲このページの先頭へ

手打ちうどん「さぬき」(八千代市)

武蔵野うどん&白鳥飛来地(前回の自転車でグルメ) 2010.12.4 by yoshi

鰻を食べに 新川のほとりの川五郎

手打ちそば「あまね」(佐倉市上志津)

ベイタウン旅行倶楽部(ベイタウン周辺)INDEX



ベイタウン旅行倶楽部 トップページ
 Oretachi's Homepage Makuhari