×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部 トップページ

[ベイタウン周辺のINDEXページ
自転車でうなぎ 「川五郎」
マイバイクで久々の長距離走行。
yoshiさんの案内で結縁寺にも行った。




yoshiさんと花見川サイクリングロード、新川サイクリングロードと乗り継ぎ、以前から行きたかった川五郎のうなぎを食べてきました。出発はベイタウンを9時50分頃。キャリングバッグを取り付けようと悪戦苦闘しているうちに10分遅くなってしまいました。川五郎は花見川沿いの田んぼの真ん中にある店です。周囲に民家さえなく、夜は寂しいだろうなという雰囲気です。開店の11時に行ったので、他のお客さんは誰もいなく、静かで良かったです。30分後に中年の夫婦が入ってきました。



特上(1,800円・写真上)のうなぎは、弾力があって、もちろん脂が乗っていて旨かったです。座敷に上がって、くつろいでいると、冷たいビールをきゅーっとやって、みたいな雰囲気になってしまいますね。yoshiさんと行く「自転車でグルメ」シリーズの第2弾っす。(前回は蕎麦

それから、結縁寺に行きました。彼岸花で有名な寺で、日本のふるさと百選だそうです。川五郎から緩い上り坂を上がり、そして下り、周囲に谷津田のある渋い場所にひっそりとその寺はあります。しかし、到着してyoshiさんが驚いていたのは、彼岸花が1本もありません。「こはいかに!」(これはいったいどうしたことなのか)と私も思わず叫ばずには居られません。いったい何があったのでしょう。

マナーの悪い観光客が来るので、住職がアタマに来て、全部引っこ抜いちゃったとか・・・。



嘘です。きっと、台風かなにかでダメになったので、刈り取られてしまったのかもしれません。いずれにしろ、ちょっとがっかりです。あくまでも、ちょっとだけです。私は現地を訪れただけで満足です。ほんと。昔からの景観がそのまま保たれている周辺の雰囲気には感動です。(上は結縁寺をバックにyoshiさん)

再び、新川サイクリングロードに戻り、船戸大橋の印旛沼のほとりにある自販機で冷たい水を買い、そして飲み干してから次にオランダの風車のある飯野休憩所でちょっと休憩。気温はぐんぐん上昇。汗も吹き出て、またまた水分補給。今度はスポーツドリンク。


そこから一気に佐倉の旧市街地へ。蔵や武家屋敷などのある街並みを楽しんでから、帰路。帰る頃になると、やや風が出てきて、まずまず涼しくなってきました。八千代のふるさとステーションで、アイスクリームを食べて、そしてベイタウンへ5時半頃着。走行距離はyoshiさんのサイクルコンピューターによると80kmだそうです。軽く走りに行ったつもりだけど、結構な距離を走ったんですね。汗びっしょりで、ビールが旨い。

2010.9.19
(ネタ元:しばざ記 912

▲このページの先頭へ




自転車でグルメシリーズ

自転車でそば(佐倉市 あまね)

自転車でうなぎ(八千代市 川五郎)

自転車でうどん(印西市 武蔵野うどん)

自転車でうなぎ(我孫子 西周)
 でも、私はうなぎじゃなくて、柳川(どじょう)にした。
花見川サイクリングロード関連

花見川CRを遡る旅
 2001年、ずっきー、つるつるの企画。

花見川CRと新川CRを経て利根川まで
 2003年、往復100kmオーバー。みなみさんが。

私も印旛沼まで行った
 2006年、遅ればせながら・・・。




ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage in Makuhari